茨城の太陽光・ecotec21多田電気

のお客様の声

ソーラーに関するどの様な細かな疑問にも丁寧に対応

停電時の備えとしてもご活用いただける太陽光発電システムを茨城の皆様にご紹介する中、顧客第一主義をモットーとしながら地元の皆様のソーラーに関するどの様な細かな疑問にも丁寧に対応しています。

ソーラー設備のスペックに関するご要望も可能な限り柔軟に対応し、塩害地域のソーラーパネル設置などにも臨機応変に対応しています。今後も地元のエコエネルギーのけん引役として、地域の太陽光発電の普及を微力ながらサポートしてまいります。

塩害地域のソーラーパネル設置にも臨機応変に対応いたします

ソーラーパネルの施工の際は、メーカー指定の施工方法・防水処理をしっかり行いますが、万が一、ソーラーパネルの設置が原因で雨漏り等が発生した場合は、責任を持って補償いたします。ソーラーパネルの設置においては事前にしっかりと現場調査を行ってから、施工の可否を判断いたします。ソーラーパネルの設置が難しいと判断した場合は、リースなどを利用した別の対応策があるのでその都度お客様の状況・ご要望に合わせてご案内いたします。

塩害地域の方でソーラーパネル設置をご希望の場合でも、専用パネルと架台を使用して設備を設置いたします。ソーラーパネルと架台の重さは、瓦と比較しても重量が1/4~1/5ほどになりますので、屋根に掛かる負担は通常の住宅・建物であれば問題ありません。また、屋根へソーラーパネルを取り付ける強度は建設基準法に基づき、強風(風速60m/s・地上15m)に耐えるよう設計しています。

停電時の備えとしても太陽光発電システムを活用できます

ソーラーパネルの導入は停電したときのリスク対策にもなります。停電が起こった際は、自動的に運転を一旦停止しますが、その後自立運転に切り替えすることで発電した電気を使用できます。ソーラーパネルによる発電は晴れの日が理想ですが、晴れの日以外でも発電量は少なくなりますが発電できます。蓄電池の性能は温度が高いとその分向上しますが、高温状態での使用が続くと消耗が早まり劣化も進みやすくなります。システム機器の耐久性は約20~30年と言われています。

太陽光発電システムの管理において特に難しい操作はありません。据え置き型の蓄電池の設置も担当スタッフが放電時間や充電時間の設定を行いますので、お客様がそうした設定に関与するすることはなく、快適にご利用いただけます。ソーラーパネルの稼働時は音は発生しますが、エアコンの室外機より静かですので、気になるほどの音ではありません。

スペックに関するご要望も可能な限り柔軟に対応いたします

ソーラーパネル設備の導入後は電気代の安い深夜に蓄電池を充電し、電気代が高くなる時間帯にその電池を使用することで光熱費を削減できます。ソーラーパネル設置前と設置後を比較すると、電気代の高い時間帯の電気代が掛からなくなるため、年間を通して電気代が割安になります。またソーラーパネルの発電で余った電気は担当会社を通じて一般送配電事業者に売電し、収益の一部を安い電気代としてお客様に還元します。

太陽光発電システムはまずソーラーパネルを屋根に設置し、追って地域の電力会社が設定作業を行った後にご利用いただけます。ソーラーパネルの規模は大別して住宅用と産業用がありますが、住宅用は10kW未満、産業用は10kW以上の設備になります。お客様の方でそうしたスペックに関するご要望がある場合は、スタッフまでご相談いただければその都度柔軟に対応いたします。